開催期間:2022年5月12日(木)~2022年5月17日(火)
12:00~19:00 *最終日は16:00迄
開催場所:展示室[路1+2]  14Fエレベータ降りてすぐです。

展示の様子はこちら(Facebook)をご覧下さい。

幾層にも重ねられた紙とアクリル板による半立体のレリーフ作品です。

ユング心理学によると、人の深層意識には「全人類に共通する無意識の層」が存在するといいます。例えば、太陽に神々しさを感じたり、草花に美しさを感じるのは誰かに教えられて生まれる感覚ではなく、時代や地域を超えて発生する人類共通のイメージです。このイメージは元型(アーキタイプ)と呼ばれ、人の心の中に潜在する普遍的なシンボルのようなものとして捉えられます。 そして人の心を強く惹きつける造形には、数理性のような秩序めいたものが見受けられることが多々あります。雪の結晶に見られる幾何学的な対称性、植物に見られるフィボナッチ数列やフラクタル構造、貝殻の螺旋に見られる黄金分割など、何かしらの秩序に基づいた造形は独創的な美しさを有しています。 本展の主題は、人の深層意識に潜在するシンボリックなイメージを、造形秩序の設定を介して抽出する試みです。造形秩序の基盤となるのは、幾何学的な対称性や反復、等差・等比数列やフィボナッチ数列、あるいはサイコロによる乱数まで様々です。自身が直感的に魅力を感じるイメージやモチーフを、そういったシステマティックな秩序の設定を介して造形化することで、人の深層意識に直接訴えかけるような芸術表現を追求していきます。

会期中池袋モンパルナス回遊美術館 雑司が谷ギャラリー巡りアートスタンプラリーも開催されますのでそちらも是非ご参加下さい。
ご参加頂いた方にはポストカードをプレゼント致します。
また、スタンプをコンプリートされた方には回遊美術館オリジナル缶バッジお渡し致します。
詳細はこちらのページをご覧下さい。終了致しました。

池袋アートギャザリング2021展示作品